歩行者の交通事故

交通事故は歩行者の視点で見ると見方が変わります。
車を安全に運転していても、歩行者がルールを守らずに事故になってしまうこともあります。
交通事故は車の過失になることが多いですが、現実問題としては回避が難しい事例もあります。
歩行者側の視点から見てみると、交通事故はまた違った印象になります。
このサイトでは、歩行者目線から交通事故を説明します。
実は危険な行為をしているのは歩行者の方ということも多いです。


例えば、車を運転している方は「歩行者がいきなり飛び出してきたら避けようがない」と考えている方も多いです。
法律では、車側が「歩行者が飛び出してくるかもしれない」と想定して運転することを基本としているので、事故を起こした場合は車側の過失になることが多いです。
基本的に車側に責任が課せられることが多いので、歩行者側が悪くても被害を受けることが多いです。
絶対に避けられない歩行者が飛び出してくるという状況もあるということです。


このサイトでは、歩行者が守らないルールを中心に説明します。
例えば、斜め横断であったり、横断歩道の無視であったり、急に飛び出したりという事例です。
これらが原因で交通事故を起こした場合は、車側の過失になりますが、歩行者側にも責任があります。
歩行者側はこれらのルールをしっかり守って、安全にお互いが生活できるようにしましょう。
車だけでなく歩行者もしっかりルールを守ることが重要なのです。
交通事故は身近なものという認識を今一度行いましょう。

Copyright © 2014 歩行者視点から見る交通事故について All Rights Reserved.